洗顔と若返り

肌を美しく若返りさせたかったら、化粧品で塗りたくるだけではだめです。

 

 



日頃のお手入れから若返りをはかりましょう。

 

 

まずは、洗顔料、洗顔石鹸選びですが、洗顔料って本当に色々なものがありますね。

 

 



洗顔料選びにもけっこう悩まされると思います。

 

 

人それぞれ肌にも個性があるので、人が使って良かったという洗顔料が必ずしも貴方に合うものかどうかは分からないのです。

 「この洗顔料はニキビが出来にくい」そう人から聞いて使って見たけれど自分には効果が無かった・・・そんな話もききます。

 

 



また弱酸性だの、アルカリ性だのということばもよくでてきますが、化粧品の殆どは弱酸性なので、洗顔後に化粧品を付ければたいてい弱酸性になるので、あまり意味がないかもしれません。

 

 



また洗顔料はどうせすぐ洗い流すわけで、水道水が中性であるのですから、洗顔料が弱酸性であっても、水ね流したトタン中性になってしまうということですから、ほとんど意味のないことだと思います。

 結局は自分が使ってみて一番よかったと感じる洗顔料が一番だと思います。

 しかし、そこにも実は落とし穴があって、実は洗顔方法自体が間違っていてそれに気づかず、肌が荒れたり、若返りに貢献しないのが、洗顔料のせいだと思っている事があるということです。

 

 



洗顔石鹸や洗顔料は皮膚の特に薄く弱い顔の皮膚の洗顔には十分な洗浄力をもっています。

しかし、たいていの人はとにかく「汚れをおとさなきゃ」という気持ちが強すぎでも必要以上に洗顔してしまって、大切な表皮を傷けてしまっているということです。

 

 



2度、3度の重ね洗顔は、かえって肌から必要な水分を奪い、乾燥肌や肌荒れを起こしている可能性があります。

 

 



肌が荒れるのは、また乾燥するのは、洗顔しすぎか、もしくは、体内的な要因や、体質によるものが多くの原因をしめていて、洗顔が足りないことが原因ではないことが多いのだそうです。

 洗顔料を選ぶ前に、洗顔方法について正しく学ぶことが肌の若返りにつながるでしょう。